1階:山科鳴海餅|今月の亥の日は、1日、13日、25日です。亥の子餅、そして、お火焚き饅頭 いかがですか。

3

亥の子餅は11月の亥の日に食べると万病を除くと言われ、古くから多産のいのししにあやかり子孫繁栄を願って食べられてきました。

亥の子餅

お茶の炉開きにも使われ、ニッキ風味の求肥に黒ゴマが香ばしいお菓子です。

今月の亥の日は、1日、13日、25日です。

お火焚き

お火焚きは神社や町内のほこら、火を使う仕事場などで行われるお火焚き祭に用いられ、おこしやみかんとともにお供えします。

火炎宝珠の焼印が特徴的なふんわり蒸した皮でこしあんを包んだお菓子です。

 

「やっぱりおいしい」「他とは違う」と言っていただけるように

お店に来ていただいたお客様に「ここのはおいしいなぁ」「やっぱりよそのとは違うなぁ」と言っていただくことがあります。

もちろん、その時はとても嬉しく、この仕事をしていて良かったと思う瞬間です。

でも、お菓子を作るのに特別な何かをしているわけではありません。

良い材料を使い、手間がかかっても昔からの製法を忠実に行う。

私達にとっては当たり前の事を手を抜かず当たり前にする。

そしてお菓子を通じてお客様に小さな幸せな時間を送っていただく。

創業以来ずっと続けていることです。

みなさまのご来店をお待ちしております。

 

山科鳴海餅店舗情報

フロア 1階
店名 山科鳴海餅
TEL 075-573-2338

btn

 


★お客様へ

当ウェブサイトに掲載させて頂いております情報は、撮影時点の情報であり、季節限定商品であるため、既にお店にはおいていない、あるいは、数量限定や数量に限りがあり、売り切れている商品もございます。

商品(サービス)の価格も撮影時点とは違う場合、変更になっている場合もございますので、あくまで撮影時点の情報としてご理解いただきますようどうかご了承下さい。

ぜひ、お店にご来店いただき、商品(サービス)の有無、価格などをご確認いただきますようお願い申し上げます。

ウェブサイト運営担当より