1階:山科鳴海餅|11月の伝統和菓子「亥の子餅」と「お火焚き饅頭」

昔から、11月の亥の日に食べると子孫繁栄や厄除けのご利益があるといわれる「亥の子餅(いのこもち)」。

ウリ坊をかたどったお菓子で、イノシシが多産であることに由来するといいます。

中は粒あん、やわらかいお餅には黒ごまとほんのりニッキが香ります。

ニッキは強くないので、お子様でも大丈夫です。

そして、

もうひとつ11月といえば「お火焚き饅頭(おひたきまんじゅう)」。

無病息災を願って、お火焚き祭りに使われるお菓子です。

火炎の焼印が押されたふっくらお饅頭の中は、しっとりとしたこしあん。

根強いファンの方も多い、昔ながらのお饅頭です。

どちらも11月1日より発売予定です!

 

山科鳴海餅店舗情報

フロア 1階
店名 山科鳴海餅
TEL 075-573-2338

btn


★お客様へ

当ウェブサイトに掲載させて頂いております情報は、撮影時点の情報であり、季節限定商品であるため、既にお店にはおいていない、あるいは、数量限定や数量に限りがあり、売り切れている商品もございます。

商品(サービス)の価格も撮影時点とは違う場合、変更になっている場合もございますので、あくまで撮影時点の情報としてご理解いただきますようどうかご了承下さい。

ぜひ、お店にご来店いただき、商品(サービス)の有無、価格などをご確認いただきますようお願い申し上げます。

ウェブサイト運営担当より