醍醐寺の桜の情報は、こちらからどうぞ

 

“花の醍醐”とも言われていまして、豊臣秀吉が、晩年贅を尽くした“醍醐の花見”を行ったことでもよく知られています。

しだれ桜、ソメイヨシノ(染井吉野)、山桜、八重桜など数種類、約1000本の桜が、3週間かけて咲くので、長く桜を楽しめるのも魅力のひとつで、毎年たくさんの人で賑わいます。

醍醐寺さんの「桜 情報 2018」のページを確認しましたら、

桜の開花状況は、全体でつぼみです。
三宝院憲深林苑 醍醐彼岸桜(河津桜)3月14日咲き始めました。
三宝院太閤しだれ桜、霊宝館醍醐深雪桜、伽藍薬師意大しだれ桜咲き始めました。

http://www.daigoji.or.jp/wp/sakura

と記載されていました。

ぜひ、上記のページをご確認いただき、醍醐寺にお越しください。

醍醐寺への桜散策の際には、おいしい、たのしいがいっぱいのアル・プラザ醍醐にもお立ち寄りくださいね。

ご来店をお待ちしております。


★お客様へ

当ウェブサイトに掲載させて頂いております情報は、撮影時点の情報であり、季節限定商品であるため、既にお店にはおいていない、あるいは、数量限定や数量に限りがあり、売り切れている商品もございます。

商品(サービス)の価格も撮影時点とは違う場合、変更になっている場合もございますので、あくまで撮影時点の情報としてご理解いただきますようどうかご了承下さい。

ぜひ、お店にご来店いただき、商品(サービス)の有無、価格などをご確認いただきますようお願い申し上げます。

ウェブサイト運営担当より